【千葉ロッテ】8/10-18 西武・ハム・オリ【間髪入れず9連戦】

世間は夏休みだってのに、野球選手は連戦連戦で大変ですね。暑いわ、休みがないわで本当にお疲れさまです。

しかし、それにしたってロッテのスケジュールはカツカツすぎませんかね?

10連戦が終わって、即9連戦……

その8月10日から18日に行われた埼玉西武ライオンズ三連戦(ZOZO)、北海道日本ハムファイターズ三連戦(東京D)、オリックス・バファローズ三連戦(京セラD)について振り返っていきます。

8月10日~西武三連戦【試合結果】

8月10日(土)対西武●

123456789
L3012101008111
M200010000370
バッテリー
L高橋光、小川、ヒース、平井 – 森
M二木、中村稔、永野、唐川 – 柿沼
勝利投手【西武】高橋光(8勝5敗)
敗戦投手【ロッテ】二木(6勝8敗)
セーブ
本塁打(L)源田(1号)外崎(17号)佐藤(1号)
本塁打(M)

8月11日(日)対西武●

123456789
L0000011204100
M1100000002110
バッテリー
L十亀、小川、平井、増田 – 森
M種市、松永、東妻、東條 – 柿沼
勝利投手【西武】小川(2勝1敗1S)
敗戦投手【ロッテ】松永(2勝3敗)
セーブ【西武】増田(3勝1敗18S)
本塁打(L)木村(7号)栗山(6号)
本塁打(M)

8月12日(月)対西武●

123456789
L0001240029122
M100000010292
バッテリー
Lニール、小川、平良 – 森
Mボルシンガー、チェン・グァンユウ、酒居、唐川 – 柿沼、細川
勝利投手【西武】ニール(6勝1敗)
敗戦投手【ボルシンガー】(3勝4敗)
セーブ
本塁打(L)外崎(18号)山川(33号)
本塁打(M)マーティン(6号)

8月13日~ 日ハム三連戦【試合結果】

8月13日(火)対日ハム◯

123456789
M000000105690
F100000000180
バッテリー
M石川、東條、松永、東妻、益田 – 柿沼、細川
F堀、バーベイト、村田、石川直、玉井、宮西、秋吉、西村 – 宇佐見
勝利投手【ロッテ】東妻(2勝0敗)
敗戦投手【日本ハム】秋吉(0勝3敗19S
セーブ
本塁打(M)
本塁打(F)

8月14日(水)対日ハム◯

123456789
M3220001019120
F0000011204120
バッテリー
M小島、ブランドン、唐川、東條、松永、東妻 – 田村、細川
F吉田輝、加藤、西村、井口、公文 – 清水
勝利投手【ロッテ】小島(1勝3敗)
敗戦投手【日本ハム】吉田暉(1勝2敗)
セーブ
本塁打(M)荻野(8・9号)鈴木(14号)マーティン(7号)
本塁打(F)大田(15号)

8月15日(木)対日ハム◯

123456789
M0301100106130
F000000000040
バッテリー
M佐々木、中村稔、南 – 田村
F杉浦、公文、玉井、堀、井口 – 清水
勝利投手【ロッテ】佐々木(2勝1敗)
敗戦投手【日本ハム】杉浦(2勝3敗)
セーブ
本塁打(M)
本塁打(F)

8月16日~ オリ三連戦【試合結果】

8月16日(金)対オリ●

123456789
M000000010160
Bs01001000270
バッテリー
M西野、酒居 – 田村
Bsアルバース、増井、ディクソン – 若月
勝利投手【オリ】アルバース(2勝2敗)
敗戦投手【ロッテ】西野(1勝2敗2S)
セーブ【オリ】ディクソン(2勝1敗13S)
本塁打(M)清田(9号)
本塁打(Bs)

8月17日(土)対オリ●

123456789
M000000000020
Bs113001006110
バッテリー
M二木、ブランドン、南、酒居、東條 – 田村、柿沼
Bs竹安 – 若月
勝利投手【オリ】竹安(3勝1敗)
敗戦投手【ロッテ】二木(6勝9敗)
セーブ
本塁打(M)
本塁打(Bs)

8月18日(日)対オリ●

123456789
M000000100160
Bs00200000240
バッテリー
M種市、松永、東條、東妻 – 柿沼、田村
BsK-鈴木、近藤、増井、ディクソン – 若月
勝利投手【オリ】K-鈴木(3勝5敗)
敗戦投手【ロッテ】種市(6勝2敗)
セーブ【オリ】ディクソン(2勝1敗14S)
本塁打(M)
本塁打(Bs)

8/10~ 間髪入れず9連戦【出来事】

  • 南昌輝が黄色靱帯骨化症から復帰!
  • 石川歩が先発に戻り復調気配
  • 先発陣に多少光明が?
  • 平沢大河が長い長いトンネルを抜ける
  • 勢いに乗り切れず3勝6敗
  • 井上・レアード・角中不調で、遂に4番は清田に……
  • ベンチは戦力層の薄さ、中堅層の薄さが滲み出るアンバランスなラインナップ
  • 田村龍弘が腰痛で4戦欠場(現在はスタメン復帰)
  • ブランドンが左肘痛で抹消
  • 打撲の三木亮が守備から出場

8/10~ 間髪入れずの9連戦まとめ

前回同様、長い連戦を一記事にまとめてしまったので、まとめがシッチャカメッチャカです。

ザックリ言えば今年のロッテは、なんか少し希望が見えてきたな~って所でコケますね。そしてコケたと思ったらちょっと起き上がるんですよ。で、またコケる。

そんな予感はあったので、前回もマーティンから繋がる新しいカンフル剤を探せないだろうか?と書いたのですが、そういった動きは残念ながら……

実際は、動きたくても動けなかったのかもしれません。なんたって気がついたら4番・指名打者清田!

別に清田が悪い訳ではないんです。ただ、4番はいくらなんでもどうなのよ?って話で、なんというかバイプレイヤーだからこそ輝くタイプでしょう?

それでもその選択肢を選んでしまう……それくらい追い込まれているのが、現在の千葉ロッテマリーンズなわけです。

ただ、いくつか希望の持てる要素もありました。

まずは、南昌輝の一軍復帰!

黄色靱帯骨化症という難病からの復帰は、本当にめでたい。

他には、先発陣に少し安定感が出てきました。

ボルシンガーは相変わらずですが、石川が中継ぎを経て先発に戻り、先発転向の西野もそれなりに、佐々木千隼もそこそこやってくれています。

二木は、疲れでしょうか?少々安定感を欠く投球が続いていますが、種市はイニングの壁を破りつつあるなど全体的には良い方向に

野手陣では長い長いトンネルを彷徨っていた平沢大河が、一時打率2割台まで到達。

勿論、2割程度で喜んでいてはいけないのですが、絶望的だったここまでを思えば、トンネル脱出と言ってもいいのではないでしょうか?

この調子で復活→覚醒となって欲しいのですが、まぁそこまで甘いものでもないでしょう。個人的には、一先ず守備負担を減らして打撃を磨くコンバート案に一票を投じます。

豪州派遣の際にも感じましたが、平沢は一度スランプに嵌ると非常に長い。そういったタイプは、躓きそうな小石を極力排除する必要があると思います。

彼の何を一番優先するべきかで言えば、間違いなく打撃なわけですから、それ以外は一度負担を減らしましょうよと……

まぁ遊撃・平沢が見たいのは良くわかるんですけどね。

と、平沢についてが非常に長くなってしまいました。ともかく、今シーズン、2位以下はどんぐりの背比べです。ココに来て西武が桁違いの破壊力を見せていますが、投手力含めれば決め手にどこも欠けています。

つまり、少しでも明るい材料があればまだまだ戦える。

疲れもピークとなり、苦しい時期ではありますが、なんとかここで踏ん張って3位!あわよくばの2位!棚ぼたの優勝!!を目指して頑張ってもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました