【千葉ロッテ】5/15-19オリ・楽天5連戦を振り返る【ブルペン神話終焉】

スポンサーリンク

5月15日から19日に行われた、オリックス・バファローズ二連戦(ZOZO)+東北楽天ゴールデンイーグルス三連戦(ZOZO)の試合結果を振り返ります。

スポンサーリンク

5月15日~オリックス二連戦【試合結果】

5月15日(水)対オリックス

123456789
Bs001001010370
M100000100280
Bsバッテリー榊原、澤田、増井 – 若月
Mバッテリー涌井、唐川、西野 – 江村
勝利投手【オリックス】榊原(2勝3敗)
敗戦投手【ロッテ】唐川(2勝2敗)
セーブ【オリックス】増井(12S)
本塁打(Bs)
本塁打(M)

5月16日(木)対オリックス

123456789
Bs020000000274
M000114039101
Bsバッテリー山本、近藤、山崎福、張 – 若月、伏見
Mバッテリー種市、酒居、松永、田中 – 吉田
勝利投手【ロッテ】種市(3勝)
敗戦投手【オリックス】山本(2勝2敗)
セーブ
本塁打(Bs)
本塁打(M)井上(5号)

5月17日~楽天三連戦【試合結果】

5月17日(金)対楽天

123456789
E000000010171
M11000040670
Eバッテリー美馬、西宮 – 嶋
Mバッテリー二木、西野、東條 – 江村、吉田
勝利投手【ロッテ】二木(4勝2敗)
敗戦投手【楽天】美馬(2勝3敗)
セーブ
本塁打(E)
本塁打(M)レアード(14号)、鈴木(3号)

5月18日(土)対楽天

123456789
E000001041690
M1210000004113
Eバッテリー石橋、今野、宋家豪、松井 – 嶋
Mバッテリーボルシンガー、酒居、唐川、松永、チェン・グァンユウ – 吉田、江村
勝利投手【楽天】今野(1勝0敗)
敗戦投手【ロッテ】唐川(2勝3敗)
セーブ【楽天】松井(1勝1敗10S)
本塁打(E)ウィーラー(9号)、浅村(10号)、島内(4号)
本塁打(M)荻野(2号)、井上(6号)

5月19日(日)対楽天

123456789
E04000120310120
M202010000550
Eバッテリー福井、森原、青山、ブセニッツ、宋家豪、高梨 – 堀内、嶋
Mバッテリー石川、松永、西野、チェン・グァンユウ、田中 – 吉田
勝利投手【楽天】青山(1勝2敗)
敗戦投手【ロッテ】松永(1勝2敗)
セーブ
本塁打(E)浅村(11号)、ウィーラー(10号)
本塁打(M)鈴木(4号)、レアード(15号・16号)

5/15~ オリ・楽天5連戦【出来事】

  • レアードがリーグ2位の16本塁打(シーズン55発ペース)
  • 荻野がリーグ打率トップに、レアードが2位
  • 二木、種市と若手先発陣に安定感
  • 5連戦は2勝3敗の負け越し
  • ブルペン神話崩壊(13回で10失点)
  • 中村奨吾の復調遠く、角中も急落
  • 石川歩もピリッとせず……

5/15~オリ・楽天5連戦まとめ

久々にネガティブポイントの多い一週間。

楽天戦に入るまでは悪くなく、18日(土)の5回裏、あの1死満塁を逃した後から色々と崩れていった印象です。

その裏にボルシンガーが一発を浴びたこと。最近のボルシンガーは苦しい登板も多かったこと。5月のブルペン陣が絶好調だったこと。

色々と背景があったのでしょうが、ボルシンガーを7回にスイッチしてしまったことで、結果的には最悪の流れを生んでしまうこととなりました。

そうは言っても前回触れましたが、ブルペン陣は出来すぎという部分も大いにありましたし、それ程悲観することも無いでしょう。

多少、唐川をどうするかという部分は考えても良さそうですが、とりあえず守護神・益田はまだ崩れる部分を見せていませんし、勝ちパターンの1つ位は十分維持できます。先日までは勝ちパターンが2つくらい作れる状況にありましたからね(汗

開幕当初のブルペン陣の評判を考えれば、良くここまで整備したと言って良いくらいです。

開幕から7登板してQSが一度しか無い石川を除けば、先発陣も開幕当初の想定以上に安定してきています。特に二木は、二戦連続でのHQSと17年に見せた姿を取り戻してきました。

ですから、問題は野手陣でしょう……。

荻野が首位打者、レアードが打率・本塁打共に2位と頼もしい数字を残す選手がいる一方で中村奨吾はトンネルを抜け出せず……。それでありながら角中の不調により三番復帰を試されるなど、どうにも駒不足の感じは拭えません。

田村の離脱で、吉田・江村の両捕手に打撃の方まで期待するのは酷でしょうから、他の選手でそのカバーもしなければいけないのですが、とてもとてもそこまで手が回りそうに無いのが現状です。

こうなってくると選手の入れ替えなど、そういったタイミングでしょうか?

まずはバルガス!と言わず、一気に数人入れ替えてしまうのもいいかもしれません。昨年のロッテを見ているとその辺りの動きは鈍い傾向にあるので、多少不安は有りますが……

下記は昨年、やきゅろぐで取り上げた2018前半戦の昇降格回数ランキングです(今年のもそのうちやります)。興味のある方はザッと眺めて頂ければ

【詳細ver.】NPB 一軍~二軍 入れ替えランキング(前半戦 7/15迄)
先日作成した選手の入れ替え数ランキング今回はその投手・野手別のデータと月別のデータも交えて各球団の枠の使い方について考察する。

火曜日からのオリックス戦では、何か新しい形を見せてくれることを期待したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました